試験法のご案内

What's New
平成28年2月

「薬効・薬害試験研究の手引き」を改訂
殺虫剤・殺菌剤とも:「イネ・ムギ」及び「野菜・花卉」は圃場試験法から調査法を抜き出し「調査法一覧」として整理、その他の事項は「圃場試験参考資料」とした。 殺虫剤:常緑果樹(全面改訂)
殺菌剤:落葉果樹(ブドウ白腐病を追加)

平成25年4月

平成24年度の検討会での議論を受け、下記のものについて一部改訂
殺虫剤:落葉果樹(指定対照薬剤)・寒冷地果樹(指定対照薬剤)・茶農薬(害虫名変更:ミカントゲコナジラミ→チャトゲコナジラミ)

平成23年2月

新農薬実用化試験実施の手引き」を改訂し「薬効・薬害試験研究の手引き」とした。

平成22年度の判定会議での議論を受け、下記のものについて一部改訂。

殺虫剤:
寒冷地果樹(アブラムシ類改訂) ・ 茶農薬(指定対照薬剤、チャハマキ ・ チャノミドリヒメヨコバイ ・ チャノホコリダニ改訂、評価基準の害虫気膨媛)
殺菌剤:
落葉果樹(指定対照薬剤) ・ 寒冷地果樹(指定対照薬剤) ・ 常緑果樹(指定対照薬剤、果実軟腐病改訂) ・ 芝草(指定対照薬剤)
平成22年2月

平成21年度の判定会議での議論を受け、下記のものについて一部改訂。

殺虫剤:
寒冷地果樹(指定対照薬剤)・茶農薬(指定対照薬剤)
殺菌剤:
落葉果樹(指定対照薬剤、もも:灰星病改訂)・寒冷地果樹(指定対照薬剤)・芝草(指定対照薬剤)
平成21年2月

平成20年度の判定会議での議論を受け、下記のものについて一部改訂。

殺虫剤:
落葉果樹(指定対照薬剤)・寒冷地果樹(指定対照薬剤)・茶農薬(ミカントゲコナジラミ試験法追加)
殺菌剤:
落葉果樹(指定対照薬剤)・寒冷地果樹(指定対照薬剤)
平成20年2月

平成19年度の判定会議での議論を受け、下記のものについて一部改訂。

殺虫剤:
寒冷地果樹(指定対照薬剤)
殺菌剤:
落葉果樹(指定対照薬剤、もものホモプシス腐敗病、いちじくの株枯病)・寒冷地果樹(指定対照薬剤、おうとうの褐色せん孔病)・常緑果樹(かいよう病、褐色腐敗病)
平成19年6月
殺虫剤:
野菜・花卉 コナジラミ類試験法一部訂正
平成19年2月

平成18年度の判定会議での議論を受け、下記のものについて一部改訂。

殺虫剤:
野菜・花卉(ホウレンソウケナガコナダニ追加)・落葉果樹(指定対照薬剤)・寒冷地果樹(指定対照薬剤、防除効率算出式)・茶(指定対照薬剤)
殺菌剤:
落葉果樹(指定対照薬剤)・寒冷地果樹(指定対照薬剤、うどんこ病の散布方法、モニリア病の実腐れ試験削除)・常緑果樹(指定対照薬剤)・茶(指定対照薬剤、炭疽病の調査方法)・芝草(指定対照薬剤、かさ枯病案追加)
平成18年9月

新農薬実施の手引きp39の表の処理時期に下記の誤りがあったので訂正

ニカメイチュウ:
成虫発生盛期→成虫発生盛期7〜15日後
コブノメイガ:
成虫発生盛期→成虫発生盛期5〜7日後
平成18年2月

平成17年度の判定会議での議論を受け、下記のものについて一部改訂。

殺虫剤:
落葉果樹(指定対照薬剤)・寒冷地果樹(指定対照薬剤、リンゴワタムシ試験法)  殺菌剤:落葉果樹(指定対照薬剤、ナシ・セイヨウナシ輪紋病の散布時期)・寒冷地果樹(指定対照薬剤)・常緑果樹(指定対照薬剤)・芝草(指定対照薬剤)
平成17年3月

平成16年度の判定会議での議論を受け、下記?のものについて一部改訂。

殺虫剤:
野菜等(すいかの試験面積)・落葉果樹(指定対照薬剤)・芝草(シバオサゾウムシ試験法)・茶(指定対照薬剤)
殺菌剤:
落葉果樹(指定対照薬剤、ナシ・セイヨウナシ輪紋病の散布時期等)・茶(炭疽病の調査方法) 手引き:殺菌剤、種子消毒の判定基準を加える。
平成16年8月

生物農薬殺虫剤試験法のヒメコバチおよびハナカメムシ試験法の一部を改訂。「4.試験方法及び試験区分」で無放飼区へ散布する具体的な薬剤名が挙げられていたが、適正でないものが含まれていたことと、現場により妥当な剤が異なってくることから削除した。

平成16年3月

野菜等殺菌剤・イネ・ムギ等殺菌剤・イネ・ムギ等殺虫剤に関する試験法を掲載。

平成16年2月

野菜等殺虫剤に関する試験法を掲載。茶殺菌剤試験法の「効果の判定法」改訂。芝殺菌剤試験法の対照薬剤改訂。生物農薬殺虫剤試験法に核多核体病ウィルス試験法追加。寒冷地果樹殺虫剤試験法の対照薬剤改訂。常緑果樹殺虫剤試験法のハダニ対対照評価基準表の欄外訂正。

平成16年2月

作物残留試験法/参考資料 作物ごとの試料採取の要点 第二葉菜類(ねぎ,わけぎ,あさつき)[15-2]採取の欄3行目を「変質葉は出荷する程度に取り除く。」とし、「土壌が付着しているときは水洗し風乾後送付する。」の部分は作業に誤解を招くので削除する。

平成15年8月

各種成績とりまとめフォーマットを掲載。

平成15年3月

作物残留・落葉果樹・寒冷地果樹・常緑果樹・茶・芝草・生物農薬に関する試験法を掲載。

平成15年2月

「農薬委託試験実施の手引き」(平成13年1月)を、HPへの掲載に伴い「新農薬実用化試験実施の手引き」に改称し、名称の変更とWeb化対応のため一部改正。但し名称の変更等以外の内容的な変更は下記のみ。

平成15年2月

殺虫剤判定基準のなかで、対無処理の「アブラムシ・ハダニ類」のカテゴリーにチャノホコリダニを加える。
 これは平成14年度の総合判定会議において協議された結果の反映。

up