月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号2019年6号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
天敵温存植物の探索と利用技術の開発 安部順一朗
薬剤抵抗性研究の最前線
 「薬剤抵抗性農業害虫管理のためのガイドライン案」活用のメリット 中島信彦
 ワタアブラムシにおけるネオニコチノイド剤抵抗性発達メカニズムの解明と診断法の開発 𡈽田 聡ら
 ナミハダニにおけるエトキサゾール抵抗性 刑部正博
栽培終了後のカーバムナトリウム塩の新しい処理方法について 府賀伸彦
タマネギべと病の第一次伝染に関する最近の研究 渡邊幸子ら
日植防シンポジウムから
 画像解析を利用した病害虫の同定 岩崎亘典
 センサーとAIを活用した病害予測 盛 朝子
植物防疫講座
 病害編 菌核病菌による病害 窪田昌春
 虫害編 斑点米カスミカメムシ類 樋口博也
 農薬編 アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(有機リン剤) 下川床康孝
研究室紹介
農研機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 窪田昌春
農研機構 果樹茶業研究部門 生産・流通研究領域 三代浩二
up


最新号 第73巻第5号 2019年5月号

巻頭言
「診断」を巡る雑感 大藤 泰雄……1
総説
長崎県の暖地二期作バレイショ栽培におけるジャガイモシストセンチュウの根絶に向けた防除モデル 福吉賢三・寺本 健・菅 康弘……2
研究報告
オオバのシソサビダニとモザイク病―シソサビダニとシソモザイクウイルスの生態および検出技術― 上遠野冨士夫・多々良明夫・鍵和田 聡・鈴木良地・千秋祐也・久保田健嗣……9
オオバのシソサビダニとモザイク病対策―総合防除体系の開発と産地への普及の取り組み― 下八川裕司・森田泰彰・恒川健太……15
茨城県におけるミズナ立枯れ症の発生実態と防除対策 林 可奈子・宮本拓也・田中弘毅……19
新技術解説
イネいもち病抵抗性を定量的に評価する室内接種系の構築 髙原 浩之……25
日植防シンポジウムから
農業生産現場におけるマルチコプターの活用例 吉田 隆延……28
気象データを利用した害虫の発生予測―メッシュ農業気象データシステムを利用した害虫の発生予測の利点と課題― 西野 実……33
植物防疫講座
病害編-17 麦類赤かび病の発生生態と防除 吉田 めぐみ……36
虫害編-15 イネシンガレセンチュウの発生生態,調査法および防除法 星野 滋……42
虫害編-16 斑点米カメムシ類の生態と防除-1―カスミカメムシ類― 樋口 博也……49
農薬編-17 プロトン勾配を撹乱する酸化的リン酸化脱共役殺虫剤―ピロール系― 郡嶋浩志・竹田 遼・加藤良晃・瀬古隆司……56
研究室紹介
岐阜県農業技術センター 病理昆虫部 天野 昭子……64
滋賀県農業技術振興センター 環境研究部 病害虫管理係 江波 義成……65
農林水産省プレスリリース(2019.3.8~2019.4.5) ……55
新しく登録された農薬(2019.3.1~3.31) ……32
登録が失効した農薬(2019.3.1~3.31) ……24
発生予察情報・特殊報(2019.3.1~3.31) ……61
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up