日植防 Japan Plant Protection Association

HOME


社団法人 日本植物防疫協会

 Dr.タカギの昆虫知識  −昆虫と天敵の動画−  

No.036
トマトハモグリバエの摂食
 他のハモグリバエ成虫と同様に葉の表面に産卵管で穴を開け、しみ出てくる液体をなめる。ピーマンの果実に含まれるフラボノイド配糖体{Luteolin 7-O-?-D-apiosyl-(1-2)-_-D-glucoside}がこのハモグリバエにも産卵阻害活性を示すことが明らかにされ、摂食行動をも阻害するのか興味が持たれる。 



 

 PageTop


Copyright (c) Japan Plant Protection Association All Rights Reserved |