日植防 Japan Plant Protection Association

HOME


社団法人 日本植物防疫協会

 Dr.タカギの昆虫知識  −昆虫と天敵の動画−  

No.033
ナミハダニの摂食行動
 ハダニは吸汁する時に植物の組織を口針で破壊して吸汁する、その部分の細胞が破壊され白斑が生じる。
 アブラムシは単に篩管から吸汁し、組織を破壊しないので、白斑は生じない。ハダニの摂食はやや特殊で、口器の先端を開き、葉に密着させる.顎体部に収納されている口針を口器に差し込み上下運動によって植物の組織を破壊する。挿入口からあふれ出る液体を吸い込むことによって摂取する。
 このような行動をこの動画で見ることは不可能であるが、体内の消化機能語気によって想像できるのではないか。 



 

 PageTop


Copyright (c) Japan Plant Protection Association All Rights Reserved |