日植防 Japan Plant Protection Association

HOME


社団法人 日本植物防疫協会

 Dr.タカギの昆虫知識  −昆虫と天敵の動画−  

No.030
ホウネンタワラチビアメバチ
(Charops bicolor )
 コマユバチ類は寄生蜂の中では比較的大型で単寄生するものも多い。
 寄主から脱出した後で作る繭は、いろいろの形や模様を持っているので種類の区別にも使われることがある。
 イネのフタオビコヤガ幼虫に寄生するものはその形からホウネンダワラコマバチと呼ばれイネの葉の先端からぶら下がっているのが見られる。この映像で示したハイマダラノメイガ(Hellula undalis )幼虫に寄生するコマユバチは寄主から脱出した後で薄い繭を作ってぶら下がるがその糸は付着部分でバネ状のコイル部分があり、中の幼虫は安心して繭を作り蛹となる。その間捕食者や寄生者から保護されているのかもしれない。 



 

 PageTop


Copyright (c) Japan Plant Protection Association All Rights Reserved |