日植防 Japan Plant Protection Association

HOME


社団法人 日本植物防疫協会

 Dr.タカギの昆虫知識  −昆虫と天敵の動画−  

No.019
チャバネアオカメムシ
(Plautia crossota stali)
 カメムシ類は卵から幼虫がふ化するときに卵破砕器(Egg Burstor)という特長のある器官を使って卵の蓋を開ける。
 この器官は幼虫を包んでいる胚表皮の一部に形成されるものでY字型をしている。この先端部で蓋を下から突き上げ、頭部を左右に動かして、隙間を徐々に広げ開口する。判りやすく表現すれば缶切りを持つている幼虫といえる。その動きは緩慢なので一部時間を縮めて早送りにした。動きをはっきりするようにふたを覆っているワックスをふき取っている。



 

 PageTop


Copyright (c) Japan Plant Protection Association All Rights Reserved |