日植防 Japan Plant Protection Association

HOME


社団法人 日本植物防疫協会

 Dr.タカギの昆虫知識  −昆虫と天敵の動画−  

No.008
ハゴロモヤドリガ
(Epiricania hagoromo)
 7〜8月ごろ庭や灌木のあるところにはどこでも白い綿のようなハゴロモ類の幼虫が目立つ。タンポポの種子を集め束にしたようにも見える。ちょっとさわると幼虫がぴょこんと跳ねびっくりさせられる。
 この虫にはハゴロモヤドリガという小さな蛾の幼虫が寄生するのをご存じだろうか?虫眼鏡が必要な私ですが目のよい人ならハゴロモの背中に背負われている蛾の幼虫がわかるであろう。
 ところでこの寄生する蛾の成虫はどんな形をしているのであろう?数年間狙ってようやく最近実物にお目にかかり写真を撮ることが出来た。成虫が少ないのは蛹時代にカゲロウの幼虫に食べられてしまうのが原因だと思われる。同じヤドリガの仲間でセミに寄生するものがあり古くから研究されている。でも、まだまだわからないことが多い。




 

 PageTop


Copyright (c) Japan Plant Protection Association All Rights Reserved