日植防 Japan Plant Protection Association

HOME


社団法人 日本植物防疫協会

 Dr.タカギの昆虫知識  −昆虫と天敵の動画−  

No002
ナモグリバエ (Chromatomyia horticola)
  ハモグリバエ類はどこにでもいる小さなハエの仲間である。
  植物の葉に産卵して、幼虫が葉の組織をトンネルを掘るように食べ進むので、ミミズが這ったような跡ができる。花や野菜を作る人たちにとってはやっかいな虫とされている。
  このハエの成虫には奇妙な習性がある。通常昆虫が餌をとるためには口器で囓ったり、口針を刺して液を吸ったりする。この虫の成虫は産卵管を使って葉の表面に穴をあけ、そこからさらに葉の組織を産卵管を伸ばして破壊する。そして穴からあふれ出た汁液を舐め取るのが一連の摂食行動である。そこで疑問が残る。雌はそれでよいが産卵管を持たない雄はいったいどうして餌にありつくのだろうか。答は簡単である。このハエの雄は雌の後ろにしつこくつきまとい、餌のおこぼれに預かると同時に交尾もするという特性を発達させている。雌が性フェロモンを出しているかどうかは不明である。




 

HOME PageTop


Copyright (c) Japan Plant Protection Association All Rights Reserved |Sitemap