透明な翅を持つ蛾はいるか?

 昆虫で透明な翅を持つものはチョウ目を除けばむしろ普通のことです。蛾の仲間では翅が鱗粉で覆われているのが特徴ともされています。そのような中で透明な翅を持つのがスカシバやコスカシバの仲間です。これらの蛾の行動的な特徴は翅を高速で動かすことで、また形態や色の特徴は捕食性のハチに似ています。
 南米ウルグアイにJICAの技術援助で滞在中のことです。モンテビデオ近郊の農村でよく自然観察をしていました。ある日大きなチョウセンアザミの紫色の花で活動する大型のベッコウバチとタランチュラの対決行動を見ていました。すると突然目の前を大型のアゲハがゆらゆらと飛んできました。とっさに捕虫網で捕らえたこのチョウは、よく見ると開張10〜11cmの大型の蛾類で、鱗粉がほとんどない透明な翅であることがわかりました。

スカシカギバ ウルグアイ産の翅が透明な大型蛾 翅縁に鱗粉がわずかに残る
オオコスカシバ