子供を守るため裸になるミノウスバ


 ミノウスバという蛾の成虫は一見蛾類には見えない昆虫です。しかし、マサキを餌にするので時々大発生して人の目に触れることが多い蛾です。
晩秋に発生した成虫はマサキや近くの植物の小枝にたくさんの卵を卵塊として産み付けます。キイロタマゴバチなどの天敵から守るためか冬の間の保温のためか卵塊を成虫の柔らかな鱗粉で布団を掛けるように丁寧に包みます。その結果成虫の姿は産卵前とは見違えるように貧弱な姿になり、命がつきてしまいます。このような布団が卵の生存率維持に有効かどうかは寡聞にして知りません。

ミノウスバ雌産卵前

ミノウスバ雌産卵後