葉に潜る甲虫

 通常、食植性甲虫の幼虫は枯れ木や腐葉土に潜り多様な餌を利用します。その多様性の中でも変わり者は植物の葉に潜る甲虫でしょう。代表的なもののうちチビタマムシ、ノミゾウムシ、ハムシを示しました。これらの甲虫の幼虫は葉に潜り、いろいろな型の食痕を作るので観察がしやすいです。いずれも体長が10mm以下の微小甲虫です。これらの微小な甲虫にも寄生蜂が寄生します。農業害虫の寄生蜂とは共通するものが発見できませんでしたが、まだまだ調査が足りないので今後の課題が多く残されています。

ブナ科植物に潜るトゲハムシ トゲハムシ幼虫 トゲハムシ成虫
マメ科植物に潜るチビタマムシ チビタマムシの蛹 チビタマムシ成虫
ブナ科植物に潜るノミゾウムシ ノミゾウムシ幼虫 ノミゾウムシ蛹と成虫