円盤ノコギリで壁を切るミカンコハモグリの芸

 ミカンの若葉の表面にひらがなを書いたようにトンネルを作るミカンコハモグリは別名エカキムシと呼ばれている。一般にハモグリガの幼虫は葉肉を餌としているが、このミカンコハモグリでは様子が異なっている。
 幼虫の頭部を観察すると、その口器は極端に薄くなっている。また、食害痕を顕微鏡で見ると写真のように見事な箱形の食害痕を残している。これは葉の表皮細胞の片割れであり、このミカンコハモグリが葉肉ではなく、表皮細胞の内容物だけを餌にする特別な昆虫であることを示している。
 それにしても厚さ10μ程度の細胞壁を見事に切り裂いてゆく口器の使い方は見事と言うほか無い。ちなみに表皮細胞の内容物だけを餌にする昆虫はチャノキイロアザミウマも同様であるが、こちらは細胞一つ一つに穴を開けて汁を吸い取るというきわめて非能率的な方法で餌をとっている。最近ミカンコハモグリの防除に対して粒剤を処理する試験が試みられているが、根から吸収された薬剤はミカンコハモグリの餌である表皮細胞には届かない。従って、散布で効果のある薬剤でも粒剤で効果を上げることはできないのである。但し、薬剤処理後に剪定し、伸長した葉ではやや効果が見られるのは理論的にも当然です。

 ミカンコハモグリ幼虫と表皮           

ミカンコハモグリに切り裂かれた
表皮細胞の裏側
ミカンコハモグリの口器。1対のノコギリが見える 円盤ノコギリの歯〔大小の歯が
組み合わされている