水中を泳ぐ寄生蜂

 水中に卵を生む昆虫にはトンボをはじめゲンゴロウやトビケラなどがあります。これらの昆虫は卵に寄生する蜂から逃れているのでしょうか?トンボやゲンゴロウの生態については研究する人も多く、古くから水中の卵に寄生する卵寄生蜂の存在が知られていたのです。ゲンゴロウの卵に寄生する蜂はPrestwichia aquaticaと云い1863年に発見されています。またトンボの卵に寄生する蜂はHydrophylita aquivolansで1912年に初めて記録されています。しかしこれらの蜂がどのようにして水中の卵にたどり着き、寄生を成功させるのかについてはごく最近まで確かめられておりませんでした。ウクライナのフルソフ博士のご厚意でビデオでの撮影をしました。珍しい寄生蜂なので得難いチャンスでした。デ−タはUkraine,Volynskaya Oblast village Lyubch/5,June,2000.Dytiscus sp./Dr.Fursov viktor採集

翅をひろげて葉の上を歩く成虫 ゲンゴロウダマシの卵に産卵する翅を畳んだ成虫
翅の退化した雄成虫 雌成虫 産卵管の長さに注目