夏眠する蛾

 冬眠と夏眠は昆虫にとって世代を継続して生きる上で重要な適応と考えられます。発育期の調節や餌となる植物の生育に連動するなどの効果があります。しかしカラスヨトウやオオシマカラスヨトウで知られている夏眠については明確な意義がわかっていません。この大型のヤガは林の中で日光の遮られる大木の樹皮下や空洞に集団で越夏しています。活動を停止しているのではなく、活発に動き、口吻を伸ばす採餌行動もみられます。これらの蛾は初冬に産卵することによって卵寄生蜂の寄生やダニ類による捕食を免れることが出来ます。またノコメトガリキリガのように椿や山茶花の花の蕾を餌にするという性質を持つものも居ります。いずれにせよ春まで生存し、産卵を行うタイプと冬期に産卵を終え、春には現れないものがあり、複雑な生態を示します。これらの蛾は10〜15℃という低温でも活動します。光による誘引より糖蜜トラップによる採集が効率的です

スギの皮の裏に潜って集団で越夏 カラスヨトウ成虫 ノコメトガリキリガ成虫