キイロタマゴバチの越冬は

 寄生蜂の越冬実態はどの種類でも明確にするのは難しい。 特に卵寄生蜂で、しかも体長が1mmにも満たない小型のキイロタマゴバチについては以前から色々な説はあるが、納得できる調査結果にはお目にかかったことがない。 生息地域や寄主卵の種類によって様々な越冬方法があると考えれば一番無難であるが・・・・。
 以前色々な作物や地域で吸引粘着トラップを11月〜3月の冬期間に調査した経験がある。その際、いずれも最も遅くまで捉えられ、春最も早い時期に捉えられる寄生蜂はキイロタマゴバチであった。 キイロタマゴバチの性比は通常 雌>雄 であり、トラップに捉えられる性比も暖かい活動時期は 雌>雄 である。 ところが越冬時期になると雄の比率が高くなる。 これが越冬の実態とどのような関連があるのかは不明である。

              Trichcogramma Trichogrammatoides
  --------------------------------------------------------
                  ♂:♀        ♂:♀
  --------------------------------------------------------
  2001/11/15-22       28:10         10:2
      11/22-30       40:11         12:7
      11/30-12/7      3:1           3:1
      12/8-12/14      0:1
      12/14-12/26     0:0
      12/27-01/7      0:1
      01/8-01/15
  --------------------------------------------------------

キイロタマゴバチ