コヤガの繭からでた大きなヒメバチ

 シラホシコヤガ Enispa leucosticta は幼虫、蛹とも苔の衣で体表を覆い、樹木の表面を歩行する愛嬌のある蛾で、別のぺ−ジで紹介している。このように小さなコヤガであるが、かなり大型のヒメバチが寄生する。このヒメバチは樹木の幹に生息する種々の昆虫に寄生するもので、森林ではもっともポピュラーなヒメバチであろう。

苔を体表に付けたコヤガ幼虫 シラホシコヤガ
ヒメバチ雄成虫 ヒメバチの雌雄