ヒゲナガコマユバチの触角はなぜ長いか?


 トウモロコシ畑でヒゲナガコマユバチ(Macrocentrul gifuensis)は最も目立つ天敵です。それはアワノメイガの食入孔から排出される、糞の周囲を探索する姿が目立つからではないでしょうか。この多胚性コマユバチは、アワノメイガ幼虫に寄生するとその終令幼虫期に20頭ほどの幼虫が体外に脱出し、集団で一つの繭を作ります。羽化した成虫はしばらくするとアワノメイガの幼虫を探し、産卵をします。この経過については学術的な文献がたくさんあり、行動と化学的な物質との関連なども解明されています。ここでは触角の役割を中心に行動を観察して見ました。

アワノメイガ成虫のいろいろ 幼虫の共食い 産卵の瞬間
ヒゲナガコマユバチの雄 ヒゲナガコマユバチの触角 ヒゲナガコマユバチの産卵管