戦闘的なチャバネクロタマゴバチの幼虫

 チャバネクロタマゴバチはチャバネアオカメムシの卵に産卵して子孫を残す。従って一つのカメムシの卵には一つのハチの卵しか生まないのが原則である。そのための精密な生態的・科学的な仕組みを持っている。だが他の寄生蜂が後から産卵したり、卵の密度が低い時期には他の同種個体が重複産卵することもある。そのような場合先に孵化した幼虫は侵入者に対して容赦のない攻撃を仕掛ける。その武器は大きな顎と腹部にある一対の刺である。

チャバナクロタマゴバチの卵と2令幼虫 チャバナクロタマゴバチの1令幼虫
チャバナクロタマゴバチの2令幼虫 チャバナクロタマゴバチの終令幼虫