ツマオレガの前翅は折れているか?
シジミチョウの水平尾翼と擬態

 蛾の場合一般に特殊な形態を持つ種は,部分的に長さや幅が極端に長くなったり,短くなったりする。また色々な部分の鱗粉の大きさや量・色が変化したものが多い。テング〇〇〇,〇〇〇クチブサガ,〇〇〇キバガ,〇〇〇ホソガ,〇〇〇カギバなどがその例である。ツマオレガは前翅の先端が曲がって見える。これは前翅先端の毛や鱗粉が外側に向かって生えているわけではなく,翅脈を含む翅そのものの構造が曲がっているためである。同じチョウ目のシジミチョウの仲間には後翅の後端が直角に曲がって見えるものが多く(アカシジミ),これは翅の縁毛が側面に伸長したものである。ツマオレガのこの特別な前翅の形態がどのような機能を持つかは不明である。

コツバメ アカシジミ ウラナミアカシジミ
マダラシロツマオレガ ウスモンツマオレガ クロスジツマオレガ