ミツバチの巣に寄食するツヅリガとアブ

 ミツバチの巣を利用する昆虫やダニ類についてはよく調べられています。そのうちで今回はツヅリガとアブの一種を観察する機会に恵まれました。ウスグロツヅリガは一見したところ褐色の地味な蛾です。しかしよく見ると頭部や翅に特徴があります。頭部の金色の鱗粉は有名スタイリストの作品の髪型のようです。また雄の前翅の裏側には独特な毛の固まりがあり同定には絶好の形質です。幼虫はミツバチの作った巣を食べるらしく、長いトンネル状の巣を作りその中を移動します。仲間がぶつかると盛んに共食いをする元気な虫です。しかしこの幼虫を餌にしていると思われるのが、怪獣のような形をしているメバエの幼虫で、人間にとっては毒針を持つ怖いハエです。
 この他にもミツバチヘギイタダニやケナガコナダニ等の多くの寄食者から巣を守らなければならないミツバチ達は大変な苦労でしょう。

ウスグロツヅリガ雌成虫 ウスグロツヅリガ雌頭部 ウスグロツヅリガ雌翅裏
ウスグロツヅリガ雄成虫 ウスグロツヅリガ雄頭部 ウスグロツヅリガ雄翅裏
メバエ成虫 ミツバチヘギイタダニ背部 ミツバチヘギイタダニ腹部