ハダニ類のかかる病気



 果樹園では最大の害虫とされ、農薬に対する抵抗性の発達など多くの問題がある。このような害虫にも、自然界では病原菌やウイルス病があり、捕食性天敵の力と相まって多発性はほとんど見られない。
 ハダニの病原菌は主としてハダニカビ(Neozygites sp.)で、培養できないため現在のところ生物農薬としては利用できない。しかし、短菌糸、分生胞子、冬眠胞子など、色々の形態があるので、将来は利用できるようになるだろう。

ハダニカビによる病死ダニ(左)