チョウ目幼虫のかかる病気

ハマキムシ類に対して顆粒病ウイルス(GV)、核多角体ウイルス(NPV)が生物農薬として実用化された。 リンゴコカクモンハマキは幼虫が葉をつづって摂食するが、第二世代・第三世代の幼虫は果実にも加害する。 特に葉と果実が接触している部分に隠れて食害し、”なめり果”と呼ばれる商品価値のない果実をつくり出す。 リンゴコカクモンハマキは、6月に第一世代の幼虫が現れる。この時期にGVの散布を行うと、GVは感染後、幼虫の体内で増殖し、老熟幼虫にまで成長した後死亡が起こる。 したがって、その世代での効果は少ない。 しかし第二・第三世代の幼虫密度は低下し、果実への加害が減少し、実用的に用いることができる。 ハマキムシの発生が多く、第二・第三世代の生き残りの幼虫が多いと予想される場合にはNPVを用いる。 NPVは10日〜14日で効果が発現するので即効的な防除に適している。 これらのウイルスの生産は現状では寄主であるハマキムシを飼育して感染させることにより行う。 生産費の大部分を占めるのは病害虫の拾い出しや飼育のための人件費であり、大量生産によるコストダウンをするには人件費の安い外国での生産や、大規模自動飼育システムを確立する必要がある。 また将来的には寄主昆虫の培養細胞上でウイルスを工業的な手法で製造することが必要である。 他の農薬との混合散布などもできるのがウイルスの特徴である。 吸蛾類に対する細胞質多核体ウイルス、ハスモンヨトウに対するウイルスも実用化されている。


野菜畑(キャベツなど)では、収穫期に写真にあるような色々の病気にかかった虫を見ることが出来る。

ウワバ類の幼虫 硬化病 ナカジロシタバのウイルス
昆虫疫病菌 病気のように見えるアファームの死虫