キャベツとヨモギエダシャク

 キャベツの害虫といえばアオムシ・コナガ・ヨトウムシ・タマナギンウワバなどと相場が決まっています。
そしてこれらの虫は密度が高まると昆虫寄生菌・ウイルス病・寄生蜂・寄生バエなどに100%近くやられて
しまいます。ところが同じ鱗翅目害虫の仲間ですが、ヨモギエダシャクはほとんど病気にかかりませんし、
寄生性天敵も少いです。 そのため最近はキャベツ畑でこのシャクトリムシを見かけることが多くなり
ました。 昔からの加害植物である茶やキクなどよりもキャベツが好きになったのでしょうか?   

キャベツを食害するヨモギエダシャク幼虫 ヨモギエダシャク成虫