ハゴロモヤドリガの採取法

7月頃庭や灌木のあるところにはどこでも白い綿のようなハゴロモ類の幼虫が目立ちます。ちょっとさわると幼虫がぴょこんと跳ねびっくりさせられます。この幼虫にはハゴロモヤドリガという小さな蛾の幼虫が寄生するのをご存じでしょうか? 虫眼鏡が必要な私ですが目の良い人ならハゴロモの背中に背負われている蛾の幼虫がわかります。
ところでこの寄生する蛾の成虫はどんな形をしているのでしょう?数年間写真を狙ってようやく最近実物にお目にかかりました。成虫が少ないのは蛹時代にカゲロウの幼虫に食べられてしまうのが原因だと思います。従って寄生された幼虫を採集して、寄主植物上で飼育するのが一番だと思います。同じヤドリガの仲間でセミに寄生するものは古くから研究されています。でも、まだまだわからないことが多いのです。

ハゴロモヤドリガ成虫 脱皮殻も付いたハゴロモヤドリガの幼虫 成虫の触角
ハゴロモヤドリガの成虫 ハゴロモヤドリガの繭と脱皮殻 蛹を摂食するカゲロウ幼虫