幻の甲虫 トサヒラズゲンセイ

トサヒラズゲンセイという名前のカミキリムシに似た甲虫がいることを知らなかった。高知県の48ヶ所の一つである種間寺を参拝したときのことである。地面に小石の敷き詰めてある高床式の本殿の床下に赤い大きな甲虫が動いていた。よく見ると周辺にも数匹のやや小さな同じ虫が見えた。よく見ると今まで見たこともない虫だった。動作は鈍くどこかから飛んできたという感じではなかった。目につくものを拾い集めて同行した研究所の高木豊さん(現:事務局)に尋ねて、これが南方特産の珍虫トサヒラズゲンセイであると知らされた。その後この虫の謎に包まれた生態を聞き興味がわいたので、カメラに収めた。ネットで調べた結果高知市のホームページにくわしい情報を提供している人がいることを知った。