オオアシナガサシガメの餌は?


 オオアシナガサシガメ(体長2cm)はカメムシ類の中で最も細く弱々しく見えるカメムシです。捕食性のカメムシなので何か生きている生物を捕らえるに違いありません。行動はカマキリのようにゆっくりした動作で移動も途中で動きを止めることがたびたびあります。絶滅危惧種とされていますが、注意すればあちこちで見つかります。前脚は捕虫に適応した形態であるが、餌とする生物は特殊な動かないカイガラムシやコナジラミなどではないかと想像しています。

オオアシナガサシガメ成虫